副業のネットビジネスが会社にバレない方法は自分で住民税を納付する

副業のネットビジネスが会社にバレない方法は自分で住民税を納付する

6月の上旬のこと。

 

市役所からある通知が届きました・・・

 

よく見ると、
それは・・・

 

な、なんと!?

 

 

 

今年の住民税の通知、
だったんですねwww

 

しかも!これは、
ネットで稼いだ分の税金の納付書だったのです^^;

 

 

5月に固定資産税と自動車税威を払ったので、

 

「これ以上の税金は来ないだろう」

 

そう思っていましたが。

 

 

・・・残念なことに?

税金がきちゃいましたよ(苦笑)

 

 

いや、
残念と言ってはダメですね!

 

住民税が届くということは、
いわゆる「ネットビジネスで成功した証
とも言えます。

 

それだけ昨年度は、
本業以外で収入を得たということに、
間違いはありません。

 

 

ネット副業が会社にバレていない証拠「自宅に住民税が届く」

さて、
このように自宅に「住民税」の納付書が届いた訳ですが。

 

これが「会社に副業がバレてない
ということになっていると思われます。

 

 

ネットで稼ぐといえども、

 

ある程度の収入を得るようになったら必ず、
確定申告をしなければなりませんが、

 

この時に必ずやらなければならないこと。

 

それは・・・

 

住民税の支払い方法を、
自分で納付」を選択する

 

ということです。

 

※このことの詳しい記事については、
コチラを読んで下さいね!
2.1 ネット副業がバレないための方法

 

実際に私も確定申告で、
この選択をしたところ、

 

当然ながら会社から引き落とされる住民税では、
ネット副業の分は含まれておらず、

 

ネット副業の分については、
このように別で、
自宅に納付書が届きました。

 

 

もしこれが、
会社から差し引き」と言う選択をした場合。

 

どうなるのか?というと、

 

あなたの副業が会社にバレてしまいます!?

 

「会社からの差し引き」
ということはつまり。

 

会社の給料からネット副業分の住民税が引かれる

 

ということになってしまいます。

 

それはもちろん。
会社の経理にバレてしまうということになってしまいますよね??

 

実際に支払った給料以上の税金が引かれるわけなので、
ここで会社側が不信に思うこととなります・・・

 

 

こういったことからも、
面倒ではありますが、

 

ネット副業の税金は、
自分自身で納付するようにしましょう。

 

msain1356 / Pixabay

 

ネットビジネスは会社にバレにくい「副業」

会社の給料と言うのは、
正直なところ自分の力で増やすことは難しいです。

 

しかし・・・

今のこの世の中。

 

会社の給料だけで生活するのは厳しいと感じ、

 

このことからも、
仕事をしながら副業を考えている人は、
私を含めかなりの方が人知れずやっているようです。

 

コチラのアンケートの結果を合わせてご覧下さい。
OLの副業〜会社にバレないようにどんな仕事をやっているのか調査!

 

しかしながら、
「他の場所でアルバイトをする」
といったことは、

 

体力的にもキツいことですが、

 

なによりも・・・
会社にバレやすいとも言えます。

 

 

顔を出して働く、
ということは、

 

どこかしら、
あなたが別の場所で働いているという情報が、
伝わりやすくなってしまいます。

 

そういったことも含め、
自分の家でスキマ時間に、
そして顔出しすることなく作業できるネットビジネスは、

 

サラリーマンやOLに最適な副業であると、
改めて実感します。

 

確かに税金の問題はメンドクサイですが^^;

 

自分で納付するようにすれば、
会社にはバレないことが今回よく分かりました。

 

そのおかげで今のところ、
副業が会社に全くバレていないのでv

 

今年は昨年以上稼げるように、
そして早いところ税金を払ってしまうためにも、

もっと頑張らなきゃと思っています♪