完璧主義は成功しないマインド?

完璧主義は成功しないマインド?

ようやく、
無料プレゼント&メルマガが完成しました!

 

4月下旬にはお届けできるかな?
と思っていましたが・・・

 

5月まで伸びてしまいました^^;

 

なんせ色んなことが初めてで、
上手くいかなくて悩んだり、
またやり直したりで、

 

思わぬところで、
時間がかかってしまったのですが。

 

性格上、
半端が嫌で(苦笑)

 

「より完璧に」

 

とそう思ってしまうのです。

 

しかし・・・

 

「完璧」にする、
という考えは捨てないとダメなんです。

 

なぜなら、
この世に「完璧は存在しない」のです、

 

これはどういったことかと言うと、

実はメンターに言われたセリフなのですが、

 

「この世に【完璧】は存在しないんですよ」

そして、
「完璧主義者は成功しない」

 

ということを言われました。

 

そこで、
完璧主義を調べてみると、

 

・・・確かに。
結論から言って、

 

完璧主義は成功しないマインド
のようです。

 

あなたは完璧主義者ですか?

例えば学生の頃に、

 

授業で黒板に書いていることを、

 

「ノートにキレイに書き写そう」

 

と思って書いているうちに、
時間がかかってしまい、

 

結局書き終わらないうちに、
黒板の文字をを消された。

 

・・・そんなことが、
あったなあww

 

そういう思い出がある人は、
私が思うに、

 

「完璧を目指す」
タイプではないでしょうか?

 

これはもちろん、
私にも言えるのですが・・・

 

黒板の内容を、
ノートにキレイに書き写す人というのは、

 

黒板の内容をキレイに書き写すことばかりに集中して、
肝心な内容とかを理解していませんよね?

 

そして、
自分が理解できていない状態で、
先生が黒板の文字を消して、
次のステップに進んでしまうので、

 

ノートの内容が、
中途半端になってしまった。

 

そして結果的に、
授業の内容が中途半端にしか理解できなかった、

 

そういうことって、
なかったですか??

 

 

完璧を目指す人というのは、
これと同じで、

 

例えば動画を撮った場合、
撮って再生した後、

 

「あ、ここが噛んでる」

「このスライドの文字が気に入らない」

 

といった理由で、
やたらと手直しに時間がかかったり、

 

そしてブログにしても、

 

「レイアウトが変」

「配置が気に入らない」

 

といった理由で、
やたらと手を加えてしまいます。

 

しかしその結果、
ものすごーーーーく時間がかかってしまい、

 

そして、
何度も見直しをしたにも関わらず、

 

よく見るとそれでも、
何かしらのエラーを発見することもしばしば。

 

完璧を追求した結果、
時間もかかるし、
しかも「完璧ではない」

 

結局のところ、
100%完璧を目指すのは無理なんです。

 

この先あなたが、
アフィリエイトでブログに記事を書く場合。

 

アドセンスならもちろん、
利用規約に違反していないか?

 

また記事を読む人のことを考えた、
記事作成に気を付ける。

 

それを意識して、
内容をチェックすることは大事ですが、

 

そこに「完璧」は求めないマインドを、
持つようにしましょう。

 

そうしないと、

 

いつまでたっても、
記事が完成しません。

 

内容をチェックし、
ある程度OKなら、

 

ちょっと不安は残っても、

どこかで妥協するよう、
心がけたいところです。

 

特に、
副業でアフィリエイトを考えているなら、

 

時間は本当に限られています。

 

その少ない時間で、
いかに記事を更新できるのか?

 

というところが、

 

稼げるようになるための、
ポイントのひとつなんです。

 

ここに、
「完璧」を目指すマインドを持っていると、

 

1日1記事ですら、
不可能になり、

 

結果的に、

なかなか稼げなくて、
ネットビジネスを諦めてしまう、

 

ということになりかねません。

 

ちなみに私も、
記事に「完璧」を求めるタイプです。

 

なので、
本当に記事の更新ペースが遅く、
やはりなかなか思うように稼げない、
という時期がありました。

 

(結果的には記事数がたまっていくことで、
月10万円以上稼ぐことができましたが)

 

「良い記事を書く」というマインドは、
=「完璧に記事を書く」ということではないんです

 

完璧を目指すことは、
成功するためには不要なマインドです。

 

何事も、

ある程度どこかで妥協して、
「完成」させて次へ進む、

という気持ちを持つようにしたいものです。