なぜやり始めるとやる気が出るのか?「作業興奮」について

なぜやり始めるとやる気が出るのか?「作業興奮」について

「メンドクサイなー」
と思いながらも一度手をつけたら、
どんどんハマって、
トコトンやってしまう、
ということってないですか?

 

私自身、
部屋の片づけとか掃除とか苦手で、
普段はあまりやりたくないのですが(笑)

 

しかし一度手を付けると、
徹底的にやってしまいますよねww

 

あれって、
性格的なものなのかと思ったら、

 

実は、
「作業興奮」という心理からくるようです。

 

 

作業興奮とは?

まず、
「作業興奮」について簡単に説明します。

 

作業興奮とは、
心理学者クレペリンが発見した仕組みとのことを言い、

 

これはどういったことかというと、

脳には「やる気」を生む場所が、
【側坐核】という部分にあるそうですが、

 

それを活動させるためには、
ある程度刺激を与えないとダメだそうです。

 

そこで刺激を与えるにはどうしたらいいのか?
ということですが、

 

「その部分を叩く」
と言うことではないですよww(笑)

 

どう刺激を与えるかというと、
「やる」という行動をおこすことが、
刺激を与えることになるのです。

 

つまり。
「メンドクサイ」と思っても、
少し行動を起こすだけで、
側坐核が興奮するため、
「やる気」が出てくるそうです。

 

これを「作業興奮」と言います。

 

 

やる気が出ないときこそ、行動に移す

結論として、
「メンドクサイ」
「やる気が出ない」
そんな気持ちのままダラダラすることで、
ずっと行動に起こすことが出来ない状態となり、

 

そこで少しでも「行動を起こす」ことで、
ドンドンやる気が出る、

 

ということが、
作業興奮という心理ということですが・・・

 

気持ちだけで「やろう」と思うだけでは、
いつまで経ってもやることをせず、

逆に「やろう」とまずは行動を起こすことが大事、
なんですね?

 

そうやってやることで、
ドンドンやる気が出てくる。

 

確かにこういった経験、
ありますね。

 

やるまではとにかく体が重く、
行動に移せませんが、

 

一度行動に移すことで、
ドンドンやる気が出てハマってしまう、
ということがよくあります。

 

普段の生活では、
掃除をするときによくこのようなことがあり、

 

またネットビジネスで記事を書く場合でも、

 

いつも「今日はメンドクサイな」
と思うのですが、

 

それでも「やろう」と思い、
PCに電源を入れた結果、

 

・・・何時間もやり続けるという結果になってます^^;

 

これって、
「性格」の問題かと思っていましたが、

 

実は心理学的に証明されていたことだったのです。

 

 

まずは「PCの電源を入れる」ことを習慣づける

ネットビジネスは特に誰にも縛られず、
自分から「やろう」としない限り、
なかなか継続しないことから、

 

結果的に成果も出ないという人が、
全体の95%はいると言われています。

 

もし「ネットで稼ぎたいけどやる気が出ない」
そう悩んでいるのなら、

 

まず「毎日PCの電源を付ける」

というのから始めてみるといいかもしれません。

 

PCの電源を付けるという簡単なところから、
ネットビジネスに対する行動に繋がっていけば、

 

そこからドンドンやる気が出てきて、
作業が進むようになるのではないでしょうか?

 

まずは簡単なことから始めて、
作業興奮の作用で、
やる気を持続させていくようにやってみて下さい。

 

そのためには、

まずは重い腰を上げて、
PCの電源を入れることから、
始めてみましょう^^